Skip to content

Posts from the ‘商品購入レポート’ Category

22
12月

スティーブ・ジョブズの本!とうとう買いました!

 欲しくてたまらなかった、Steve Jobsの本が届きました。

 

スティーブ・ジョブズに影響を受けた人は、この世にたくさんいると思う。

なんせ私もその一人です。

 

iPadでFREE電子書籍が発行されてから、電子書籍で購入しようか本で購入しようか、ホント悩みました!

電子書籍としてのメリットは、持ち運びが楽なのと、値段が安い・・・・はずだったんだけど、

スティーブ・ジョブズの本は安くなってなかったです。

iPadを作った人の本を、iPadで読むべきなのは百も承知だけど、

この本だけは、本棚に飾っていつも眺めていたいというのが本音です。

 

スティーブ・ジョブズⅠⅡ 表

スティーブ・ジョブズⅠⅡ 表

Ⅰ・Ⅱを、まとめて買いました!

まだ全然読めてないけど、これから楽しみが増えます。

 

 

スティーブ・ジョブズⅠⅡ 裏

スティーブ・ジョブズⅠⅡ 裏

 

一番最初に購入したパソコンは、MACでした。

ちょうど、裏表紙のスティーブ・ジョブズが抱えてるMACのもう少し進化したパソコン。

1985年ころに、30万近くしてたモニタ一体型のパソコンで、主に打ち込み音楽で使用してました!

あの頃はネットに興味なく、インタネットは繋がってなかったです・・・。

 

スティーブ・ジョブズ

スティーブ・ジョブズ

 

ジントラ商品比較で、スティーブ・ジョブズの本をチェック!

 

■下記、wikipediaの略歴です。

スティーブ・ウォズニアックと共に、ワンボードマイコン「Apple I」を開発・販売し、アップル社設立後には、パーソナルコンピュータ「Apple II」を発表。株式公開後には2億ドルもの巨額を手中にし、20代でフォーブスの長者番付に載り、世間の注目を集めた。
ゼロックス社パロアルト研究所を見学した際、Altoで動作していた暫定Dynabook環境のグラフィカルユーザインターフェースにインスピレーションを受け、パーソナルコンピュータ「Lisa」を開発。続いて、ジェフ・ラスキンらのMacintoshプロジェクトの主導権を握り、新たなコンピュータ像を創造した。発表された「Macintosh」は、当時存在したあらゆるパソコンを凌駕する洗練されたものであり、再び時の人となった。しかし、本人の立ち居振舞いのために社内を混乱させたとされ、アップルの役員達から社内でのすべての職を剥奪された。
アップル退職後、ルーカスフィルムのコンピュータ・アニメーション部門を買収して、ピクサー・アニメーション・スタジオを設立。また、自ら創立したNeXT Computerで、ワークステーション「NeXTcube」と先進的オペレーティングシステム (OS) NEXTSTEPを開発した。1996年、業績不振に陥っていたアップル社にNeXTを売却することで復帰、1997年には、暫定CEOとなる。その後、ライバルとされていたマイクロソフトとの資本連携に踏み切り、Macintosh互換機へのライセンスを停止、社内のリストラを進めてアップル社の業績を回復させた。
WWDC07でのスティーブ・ジョブズ
2000年、正式にCEOに就任。2001年から2003年にかけてMacintoshのOSをNeXTの技術を基盤としたMac OS Xへと切り替える。その後はiPod・iPhone・iPadといった一連の製品群を軸に、アップル社の業務範囲を従来のパソコンからデジタル家電とメディア配信事業へと拡大させた。
暫定CEOに就任して以来、基本給与として、年1ドルしか受け取っていなかったことで有名であり[2](実質的には無給与であるが、この1ドルという額は居住地の州法により、社会保障を受けるために給与証明が必要なことによる)、このため「世界で最も給与の安いCEO」とも呼ばれた。2006年に、ピクサーをディズニーが買収したことにより、ディズニーの個人筆頭株主となり、同社の役員に就任したが、ディズニーからの役員報酬は辞退していた。
2011年10月5日、アップルはジョブズが死去したと発表した。別の報道では死因は膵癌に伴う呼吸停止と報道している。56歳没。